PSA

By Diana This is your reminder that unrefined sugar is still sugar. …read more Source: Bite My...

ビジネスで使うインスタグラムのプロフィールを考える! Jan22

ビジネスで使うインスタグラムのプロフィールを考える!

By wpu_xrn5p5h6 Instagramは写真や画像の投稿を基本としたSNSの1つで、撮影した写真を加工して投稿できるところに特徴があり、企業用のアカウントを取得するには通常のアカウントを取得し、その後ビジネスプロフィールへ切り替えるという方法がとられます。スマートフォンのInstagramアプリを利用して通常のアカウントを取得し、電話番号またはメールアドレスから登録します。電話番号かメールアドレス、氏名やパスワード、ユーザーネームを入力し、その後にFacebookアカウント、連絡先などからフォローする友達を追加する画面が表示されますがフォローする相手は後から登録することになります。アカウントの登録後はプロフィールの編集から写真や公式のサイトとか自己紹介などを記入して登録し、個人用アカウントの登録が終わったらそれをビジネスアカウントへ切り替えます。 2017年12月にインスタグラムのハッシュタグのフォロワー機能が登場しました。店舗や企業の連絡先を掲載できるビジネスプロフィールや投稿閲覧数を確認できるインサイト、宣伝広告の配信が行える投稿の宣伝という3つの機能の提供が始められました。これらのビジネス向けのツールを利用する場合はビジネスプロフィールに変更する必要があり、ビジネスプロフィールを作成するにはFacebook経由で本人確認を行った上でこれに関連づけることが求められます。 連絡先情報とかカテゴリー情報をこれでビジネスプロフィールに取り込むことができ、インスタグラムからの宣伝にFacebook広告アカウントが使用できるようになります。Facebookページ上での権限を利用して企業内の複数の利用者にビジネスプロフィールを管理させることが可能になります。これに変更するとインサイトや宣伝投稿などの新しいビジネスツールが利用可能になり3つのツールのうちの1つで企業へ直接連絡できるボタンの設置とか店舗情報も掲載することが出来ます。投稿をFacebookでシェアする場合これに関連づけたFacebookページ以外ではシェアできなくなります。いずれにしてもビジネスプロフィールの設定が必要となりサイトでは参考になるところも探すと見つかります。 マーケティングはSNSを活用したソーシャルメディアマーケティングが主流になっていますが中でもInstagramを活用したインスタグラムマーケティングに注目が集まっています。リポストするには専用のアプリのダウンロードが必要になりますが、利用規約によるとロゴや素材についてはダウンロードできますが指定に従うことになります。サービスのスクショはそのまま使うことは禁止されていて指定のurlに用意されていますのでそれを使用します。 ビジネスで使うインスタグラムのプロフィールを考える!はITに疎い会社が知りたい、現代の流行技術!で公開された投稿です。 …read more Source: The Local...

法人はどの光回線を利用するべきか? Jan22

法人はどの光回線を利用するべきか?

By wpu_xrn5p5h6 光回線が無ければ安定した通信は実現できません。 この有無は法人にとって極めて重要な問題です。 取引や連絡にはインターネットは欠かせません。 自社でホームページを運用しているなら、24時間稼働するサーバーと固定回線が要求されます。 時間帯によって繋がらないようでは信頼の毀損は免れないでしょう。 実は利用しているプロバイダやキャリアによって、安定性が大きく変わることがあります。 もし不安定な通信状況に悩まされているならば比較検討を進めるべきです。 多くの人がおすすめしているのが定番のフレッツ光です。 通信キャリアの大手ということもありほとんどの企業が導入しています。 しかしその利用者数の多さこそが、ネックになっているのが実情です。 光回線は道路と同じく混雑すると速度が著しく落ちてしまいます。 昼間ならともかく夜間の遅さは致命的なほどで、ADSLより低下することも珍しくありません。 常に稼働させておかなければならない法人サーバーなら一工夫が求められます。 料金の安さという点から見れば光コラボも実用的です。 これは基本料金が安いことはもちろん、他のサービスを併用することで様々な特典が受けられます。 たとえばauひかりの場合では同社のスマートフォンを利用することで最大毎月2000円引きとなりお得です。 また支払いと請求書をまとめられますから、経理上の処理も利便性が増します。 NTTやソフトバンクにも同様のプランがありいつでも導入可能です。 時に法人名義のスマートフォンを契約しているならば、前向きに考えておくべきでしょう。 最もおすすめなのがipv6を採用しているプロバイダを選ぶことです。 光回線が混雑する理由は利用者の多さだけではありません。 フレッツ光などに設置されている終端装置が処理しきれないことが最大の原因です。 つまりこれを回避することができれば安定した大容量通信が実現できます。 ipv6は終端装置を介せず通信できる技術です。 その効果は比較すれば一目瞭然で、中でも19時以降のゴールデンタイムに違いが現れます。 ただどのプロバイダでも導入しているわけではないため確認が必要です。 NTTへの連絡も求められますので早めに手続きを進めていくべきでしょう。 光コラボでもipv6が使えるプランを選べば速度はより改善されます。 一度設定してしまえば、モバイル回線と違って完全定額制ですから余計なコストもかかりません。 経済的な面からも優れた光回線とプロバイダは法人にとって頼れる存在です。 法人はどの光回線を利用するべきか?はITに疎い会社が知りたい、現代の流行技術!で公開された投稿です。 …read more Source: The Local...